女子医学生むにえる

ストレス耐性のない女子医学生が女医になるまでのドキュメンタリーブログ。医学部生活や本の紹介をするよ!自称グルメで好物はラーメン。

【医学部受験】文理選択や進路に迷える高校生に留学のススメ。【AFS留学・ロータリークラブ留学】

むにえるは、高校2年で留学準備に動き出して、高校3年をオーストラリアで過ごし、日本に帰ってきて1つ年下の子たちと受験勉強してました。

少しわたしの話。

実は、むにえるは高校3年まで医学部進学するかどうか迷ってた。

高校の英語の先生がめちゃめちゃダンディーで、教養が深い先生で、それで英語が好きになったんですよ。

高齢の先生なんですが、メガネには銀の鎖、地下にワインセラーがあって、レコードで音楽を聴く・・・みたいな。

別にワインセラー家に欲しくはないけど、英語を好きになるきっかけがその先生でした。

1年の担任の先生には、文転するのは簡単だけど、理転するのは大変だから迷ってるならとりあえず理系選んどけと言われ、理系を選んだものの、数学とかはすごい苦手でした・・・

理系向いてないかも、とすら思ってました。

理系なのに、国語とか、英語とか地理の方が好きで、理系科目の勉強はなかなか進まない・・・

点数も伸びない笑笑

今の「好き」は英語だけど、医学にも興味がある。進路選択に悩んだむにえるは、留学してみて進路を決めようと思った。

わたしにはそれが正解でした。

英語が好きって言っても、仕事の武器にしたいか?と言われると、わからなかったんですよね。

英語は高校でさわりを学べるけど、医学はそこまで高校生では触れられないし。

(むにえるの身内には医師、看護師の医療従事者皆無・・・)

留学に行ってみて、英語が好きな気持ちは変わらなかったんですが、医学×英語が楽しそうだなぁ、という考えに至りました。

英語は好きで、触れてはいたいけど、メイン武器というよりはサブ武器にしたいかなー。って感じ。

splatoonでいうところのプライムシューターが医学、キューバンボムが英語みたいなね。

調べてみると、最新の医学論文は概して英語で書かれるものだし、医学の学会発表は海外で英語で発表する機会がある。

そう知った高校生むにえるは、医学部受験に突き進んでいきました。

医学部受験に留学は有利か?

これは、有利だと思います。

面接でも話すネタには困らないし、留学を通して得た経験は受験時に限らず、人生をより良く回す起爆剤になると思います。

留学すると、入学した友達と離れてしまうデメリットはあります。

ですがむにえるは結果的に、それもメリットだったかなと思います。

新しい友達が増えましたし、高校3年に戻ってきて、受験勉強の雰囲気の新しい学年にスムーズに戻れました。

1番のメリットかもですが(笑)英語も得点源になりました。

医学部に入ってみてわかったこと。意外と文系向き?

とにかく、暗記量が膨大なんですよね。

理系科目が役に立つこともありましたが、高校生の範囲なら誤差レベルかなーって思います。

医学部に入って計算とか、ほとんどしないし。

もう今、logとかサインコサインタンジェントとかうすらぼんやりとしか覚えてません。

医学部のテストでは体の構造を覚えたり、とにかく覚える!みたいなことが多くて。

文系脳が有利って話もよく聞きます。

(研究者とかは本当に天才で理系脳の人が強そうなイメージ。勝手に。)

センターの科目でいうと、物理って、1つの公式とある程度の仕組みを理解すれば、覚えることってあんまり少ないんですが、医学生として学ぶ上ではそうはいかないんです。

医学は暗記物量が圧倒的に多いです。

できるだけ効率よくしても、これは全医学生に納得してもらえると思う。

わたしの周りでは、『数学がすっごい得意で東大理一もA判定』みたいな人が解剖のテスト落ちるなんてことも。

入試では理系科目が重視されますが、計算は苦手だけどコツコツ覚えることが得意な人も、医学部に向いていると思います。

もちろん受験生として、医師として、理系科目もできてるのに越したことはありませんがね!

医学生としてすごす分には、あまり理系科目の不得手を意識しないです。

留学で気になるのはやっぱり費用ですよね。

海外留学。お金かかりそう・・・

大丈夫!お金かけずに留学行く方法が高校生には特にたくさんあります。

大学生で留学しようとすると高校生留学より手続きが煩雑&サポート体制が不安&めっちゃお金かかりがち。海外留学は若いうちに行っとくのが吉。早ければ早いほどその後の人生の視野も広がります。

留学支援団体を少しご紹介①AFS

むにえるは、AFSという団体で留学してきました。

向こうの家族の一員という方針なのでご飯代とかがかからず、交換留学生という形なので授業料もかかりません。

破格のお値段で留学に行けます。

大学で交換留学となると、高校の時より厳しい基準でないと交換留学生としていけない=授業料がかかる

...などなどで費用がかさみがちですが、高校留学は比較すると簡単に行けると思います。

こちらのサイトで軽くAFSの説明をされています。

theryugaku.jp

わたしの場合は、60万の奨学金によってもっと安く抑えられました。

英語圏でない地域を選べば、さらに補助が出て、物価も高くないので安く行けるはずです。

留学支援団体を少しご紹介②ロータリークラブ

友達がこれでフランス長期留学いきました。

ロータリーはめっちゃお金の補助でます。自分で出したのは渡航費くらいって話。

さらに、毎月のお小遣いまでもらえるそうです。

ロータリークラブは全国各地域にあって、留学支援以外の活動もしています。

ロータリークラブでの留学の情報収集はこのような流れ。

友人「まずガバナーってところに連絡して、ロータリークラブは地域によって管轄が違うから、自分の住む地区がなんていう地区名なのか調べてみて、そこの本部に連絡したら丁寧に教えてもらえたって感じかな!」

とのこと。

留学に興味が出たら、まずは検索してみてください!

わたしが留学行ったのももう5年くらい前なので、いろいろ状況も変わってると思います。

地域によってもお得な奨学金とか支援、留学プログラムがあるはず。

もし、なにか聞きたいことがあったら気軽にコメントもしくはお問い合わせまでどうぞ☺️

↓医学部合格をはじめとした勉強法でオススメの本です!若いうちに読んでおきたかった・・・。 www.munielmedical.work

読んでくださり感謝!

ブログランキングに参加しています! ぽちっと↓応援してくれるとブログ更新の励みになります🐈

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村

コメントもお気軽に〜!